痴漢の解決事例 1

人物D

Nさん(30代/男性)

迷惑防止条例違反(痴漢)>痴漢とは?

事件の概要

Nさんは、商店街の路上において、女性のお尻を触って逃げたという疑いで警察官から任意同行され、取調べを受けました。
取調べにおいて、Nさんは「偶然、手が当たったかもしれないが、故意に触った覚えはない」と警察官に訴えました。
取調べが終わった後、当事務所に来所され、今後どうしたらよいのかをご相談されました。
当事務所の担当弁護士は、警察での取調べの内容や当時の状況等を詳細に聴取し、現場に赴くなどして、被害者の申告との齟齬(そご、「くいちがい」のこと)を検討していたところ、その翌日、Nさんは逮捕状により逮捕され、検察庁に送検となりました。

※事件の特定を避けるため、一部内容を変えて記載しております。

事件のポイント

Nさんは一貫して否認を続けていました。
他方、Nさんは会社員であり、身に覚えのない冤罪であっても会社に知れると解雇されるおそれがあるため、早急に釈放を求める必要がありました。
担当弁護士は、防犯カメラの設置位置から肝心の犯行現場を撮ることができないことを突き止め、また、会社での勤務状況等から、勾留が不必要であることを検察官に申し入れる意見書を提出しました。

解決結果

担当弁護士が、検察官に対し、勾留の必要性はなく、即時釈放を求めるべく意見書を提出したところ、検察官もこれを認め、勾留請求せずに釈放しました。
また、犯罪事実についても、被害者供述の矛盾点などを指摘し、その結果、Nさんは「嫌疑不十分」ということで不起訴処分になりました。

費用例

弁護士費用:40万 (着手金20万+報酬金20万)

【費用のポイント】
簡明な事件だったため、下限の費用で解決できました。