公然わいせつの解決事例

人物D

Tさん(40代/男性)

公然わいせつ>公然わいせつとは?

事件の概要

Tさんにはお子様2名を含む家族があり、それまで前科・前歴もなく、真面目に勤務していました。しかし、ある日、退社後、ほろ酔いの状態となって、路上で下半身を露出し、通報により駆けつけた警察官に現行犯逮捕され、勾留となりました
※事件の特定を避けるため、一部内容を変えて記載しております。

事件のポイント

公然わいせつ罪につき、初犯の場合は罰金刑が一般的であり、そのため、一晩泊って釈放ということが多いのが実情です。しかし、本件では、Tさんが自分はやっていないと否認したため、10日間の勾留請求をされてしまいました。
10日間も勾留されると、会社にも知られてしまい、失職の可能性もあるので、早急に釈放する必要がありました。
また、目撃者とも示談を交わす必要がありました。

解決結果

勾留後、Tさんに対し、現行犯であり、このまま否認を続けていても勾留が長引くだけであると説明し、また、目撃者と示談をするよう説得しました。
その結果、Tさんから、犯行を認め、示談金を支払いたい旨の申し出があったため、すぐに目撃者と連絡を取り、迷惑料を支払うことで示談し、目撃者に嘆願書を作成してもらい、検察官に提出しました。
あわせて、裁判所に対して、勾留裁判の準抗告の申立てをなしたところ、それが認められてEさんは釈放されました。
その後、担当弁護士から、検察官に不起訴処分の必要性を書いた意見書を提出し、Tさんは起訴猶予処分となりました。