覚せい剤取締法違反の解決事例

人物B

Hさん(20代/男性)

覚せい剤取締法違反>覚せい剤取締法違反 とは?

事件の概要

Hさんは、独身の会社員であり、友人からの誘いで初めて覚せい剤を使用してしまいました。その後、後悔の念に駆られ、自首をしました。
しかし、自首までに若干の日数を要していたため、Hさんの尿からは覚せい剤の成分が検出されませんでした。
警察がHさんの自宅を捜索したところ、覚せい剤を使用した際に使った注射器の中に、僅かに残った覚せい剤入りの水溶液が発見されました。そのため、Hさんは覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕・勾留されました。
「自首をしたにもかかわらず勾留された」として、両親が当事務所にご依頼されました。

※事件の特定を避けるため、一部内容を変えて記載しております。

事件のポイント

Hさんの逮捕事実である覚せい剤の所持は、自首がきっかけとなり発覚しました。
Hさんには、前科・前歴はなく、覚せい剤入り水溶液が入った注射器を隠そうとした事実もなく、同水溶液の量もわずかでした。
このこと等から、検察官に不起訴処分を求めていきました。

解決結果

担当弁護士は、前記の事実に加え、素直に捜査に協力している事実及び情状面を記した意見書を作成。
裁判所に勾留取消請求をなしたところ、請求が認められ、Hさんは処分保留のまま釈放されました。
その後、担当弁護士は検察官に対し、Hさんの不起訴処分を強く働きかけ、最終的に、不起訴(起訴猶予)処分となりました。