刑事事件の解決方法

法律事務所ホームワンでは、もしも逮捕されてしまった場合、解決のため全力で弁護活動を行ないます。あなたやあなたの大切な人が逮捕されてしまったとき、その状況や犯罪により解決方法が変わってきます。そんな時、弁護士による強力なサポートがお役に立てます。

刑事事件において大切なのは「時間」と「スピード」です。一刻も早く弁護士にご相談ください。

状況、悩み別の解決方法

  • 刑事事件の状況・お悩み別解決方法01

    被害者と示談をしたい

    被害者が存在する刑事事件では、一刻も早く示談するための活動に着手することが重要です。なぜなら多くの場合、示談が成立するか否かで、被疑者の処分が大きく左右されるからです。ホームワンの弁護士が、示談を成立させるため、粘り強く交渉します。

    例えばこんな事件

    痴漢事件/暴行・傷害事件/窃盗事件/器物損壊/横領事件 等

    被害者と示談をしたい
  • 刑事事件の状況・お悩み別解決方法02

    釈放・保釈してほしい

    もし家族や友人が逮捕され、身柄拘束が長引けば、逮捕されたことを周囲の人に知られ信用を失います。弁護士に依頼すれば、釈放(保釈)に向けた弁護活動をすることができ、早期の社会復帰を促すことが可能です。

    釈放・保釈してほしい
  • 刑事事件の状況・お悩み別解決方法03

    前科をつけたくない・不起訴にしたい

    不起訴処分とは、その事件について、刑事裁判にかけないという検察官の最終的な処分です。起訴するか、不起訴にするかは、検察官が、犯罪の軽重や情状、被疑者の性格や年齢などを考慮して判断します。

    前科をつけたくない・不起訴にしたい
  • 刑事事件の状況・お悩み別解決方法04

    冤罪を晴らしたい

    現実に罪を犯していないにも関わらず、逮捕・勾留され、有罪とされるような場合を冤罪(えんざい)と言います。冤罪のまま捜査・裁判が進んでいくと、無罪を勝ち取るのはたいへん困難になってきます。 至急、法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

    冤罪を晴らしたい
  • 刑事事件の状況・お悩み別解決方法05

    自首・出頭したい

    刑法上は犯罪事実、もしくはその犯人が誰かということが発覚する前であれば「自首」が成立しますので、裁判の際に刑が軽減される可能性が高くなります。どうすればいいか、事前に弁護士に相談することを強くお勧めします。場合によっては自首に同行・立会なども可能です。

    自首・出頭したい