器物損壊

器物損壊罪

他人の物を損壊または傷害する犯罪です。
物を破壊するだけでなく、汚染させて使えなくするような場合も含まれます。また、刑法上の「物」には動物も含まれるため、他人のペットにケガをさせる場合も含まれます。
器物損壊罪は「親告罪」といい、被害者等の告訴がなければ検察官が公訴を提起できない(起訴できない)犯罪です。そのため、被害者の方と示談をして、告訴を取り下げてもらえれば不起訴を得ることが可能です。

罪の重さは?

3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料です(刑法261条)。

ホームワンの弁護方針

告訴を取り下げてもらえるよう、示談や被害弁償のために迅速に動きます。

上記の通り、器物損壊は親告罪ですので、告訴を取り下げてもらえるよう、示談交渉や被害弁償のために迅速に動きます。
いったん被害者との関係がこじれ、相手に悪い心証を与えてしまうと、交渉や示談ができないことがあります。そのため、できる限り早く、第三者である弁護士が間に入って、謝罪の意思等を伝える必要があります。

暴力事件 一覧