冤罪を晴らしたい

【否認、冤罪】

否認・冤罪とは

否認事件とは、被疑者(犯罪の疑いをかけられている人)や被告人(起訴された人)と、警察・検察側の言い分が食い違っている事件、すなわち、被疑者や被告人が、自分は罪を犯していないと主張している事件です。

現実に罪を犯していないにも関わらず、逮捕・勾留され、有罪とされるような場合を冤罪と言います。冤罪のまま捜査・裁判が進んでいくと、無罪を勝ち取るのはたいへん困難になってきます。

至急、法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

ホームワンの弁護方針

法律の専門家としての立場から公平に判断し、依頼者の不利にならぬよう対処します。
証拠収集を重ねて立証することで、捜査機関に対抗し、冤罪事件から依頼人を救います。

社会から隔絶されて不安な気持ちの中、捜査機関の取り調べに対して適切に対応できず、圧力に屈して事実とは異なる自白をしてしまうことがあります。 一刻も早く、まずは弁護士へご連絡をください。あなたの不安な気持ちをくみ、まずは精神的にバックアップすることからスタートします。また、捜査機関の取り調べの違法性を早期の段階からチェックします。